ボトックス小顔の魅力を大公開【重篤な副作用がほとんどない】

女性

治療で後悔しないためには

顔を触る人

たるまないように依頼する

プチ整形として、ボトックス小顔注射という方法があります。この方法はエラを削り取る方法と違い骨ではなく筋肉に働きかける手術方法です。ボトックス小顔注射によって筋肉の動きを鈍らせることにより、咬筋などの発達を阻止してほっそりとしてフェイスラインを実現できます。ボトックス小顔注射は、骨を削らずに済むので負担を最小限にして小顔になることができる方法でもあります。時間がない人やメスを入れたくない人におすすめの方法です。すぐに効果がなくなるのではと心配する人もいるかもしれませんが、効果は半年から1年程度もち、繰り返し注射することで小顔効果を持続させることができます。また、エラが張り、顔が大きくなっている人は顎関節症や歯ぎしりといった悩みを持っている人もいますが、このボトックス注射を利用するとその改善効果も期待できます。筋肉が衰えることで顔がたるむのではと心配になるかもしれませんが、咬筋のみに注射をすればたるんだり頬がこけたりすることはありません。医者にたるまないような注射方法を依頼すれば大丈夫です。ボトックス小顔注射を受ける時、まずはカウンセリングで顔の悩みを聞いてもらいます。小顔になりたいのであれば、どこが悩みであるかを具体的に言うようにします。ついでにシワなど他の悩みもあれば同時にカウンセリングで話しておきましょう。クリニックによってはここまでは看護師が対応することがありますし、医師が直接聞く場合もあります。ヒアリングが終わったら次に診察に入ります。顔の筋肉の動きなどをよく見て、実際どこに注射を打つのがいいのか決めていきます。そして医師からボトックス注射の特徴について説明があります。そのうえでどのくらいの回数、期間で受けたらいいのかもこの説明を聞いて決めていくことになります。また、効果が出始める時期もこのとき聞いておきましょう。大体2〜3日後としているところが多いですが、選択した注射量などにより効果の出方も違ってきます。注射が苦手な人はカウンセリングの時に使用する麻酔の種類も決めておきます。そして最後にボトックス小顔注射にかかる費用を計算してもらいます。予算があれば先に伝えておくと、それに合わせた治療法を考えてもらうことが可能です。